Medical-Nursing

看護の学校ではとある制度が受けられる|お金が無くても一安心

3年で資格取得可能

大学にはないメリット

レディ

超高齢化社会の日本において、医療の分野では雇用の需要は大幅に増加することが予測されています。なかでも看護師不足はどこの病院でも深刻な状況といえるでしょう。最近では、看護師を多く輩出しようと、全国各地で大学の設立が進んでいます。高学歴化が進み、大学への進学を目指す高校生も多くいます。大学進学のメリットも確かにありますが、看護専門学校への進学という選択肢も多くのメリットがあります。まず、3年と最短で資格取得が可能ということです。看護師の仕事は実践力が重要です。1人前の看護師になるには、最低でも1年間の修行期間が必要です。「早く1人前になって現場でバリバリ働きたい」という人には向いているでしょう。また、学費が格段に安く抑えられるという点も大きなメリットです。大学費用は4年間で400〜600万円ほどかかります。看護専門学校では、病院奨学金制度を取っている学校があり、学校卒業後に提携病院で一定期間働けば奨学金返済を免除されることがあります。奨学金を借りて大学に進学するのと、看護専門学校で病院奨学金を受けるのとでは、何年も奨学金を返済しなければならない状況と、奨学金返済免除の状況では、就職後のもらえるお給料の使い道にも差が出てくるでしょう。また、看護専門学校では、提携病院での実習となりますので、その病院の各病棟の特徴やルール、物品の配置などを就職前からよく知ることができます。また、人間関係なども雰囲気でよくわかるので、信頼できる先輩ナースを慕って配属先を希望することができます。このように、看護専門学校にはメリットが多くあるので、より早く、お得に看護師を目指したい方におすすめです。

各ルートのメリット

勉強する人

看護師の職は、不況に強い上に平均よりも高めの年収が期待できることから、人気があります。さらに高齢化により、医療機関を利用する高齢者が急増していることから、看護師の社会的な需要は高まっています。そのため近年では多くの人が、自身の人生と社会貢献のために、看護師としての就職を希望するようになっています。看護師になるためには、養成コースのある専門学校や大学に通う必要があります。というのも看護師資格を取得するには国家試験に合格しなければならないのですが、その国家試験は、指定された専門学校や大学で3年以上学習しなければ受験できないからです。具体的には、専門学校および短期大学では3年間、大学では4年間学ぶことになります。そのため資格取得を急いでいる人は、多くの場合は前者のルートを選択しています。3年で国家試験の受験が可能となるので、その分早く看護師として活躍できるようになるからです。また専門学校の中には、夜間コースを設けているところもあります。日中に働きながら、夜間に学習することができるので、このメリットから専門学校を選ぶという人も多くいます。一方大学では、学習期間は4年と長めですが、その分保健師や助産師になるための学習も併せて進めることが可能となっています。それぞれの必要単位を取得すれば、看護師の国家試験に加え、これらの国家試験も受験できるようになるのです。合格すれば、卒業までに3種類もの国家資格を取得できるわけです。そのためキャリアアップや、より充実した社会貢献を希望している人は、大学ルートを選択しています。

必要なスキルを身につける

レディ

将来人の命を救ったり、病気を治すサポートをしたいと医療関係の仕事を志望する人が増えています。医療関係の仕事は様々で医師や歯科医、理学療法士等様々ですが、中でも人気が高い職種に看護師があります。但し看護師は国家資格のため、所定の科目の修了することと国家試験に合格しなければいけません。このため看護学校に進学する必要がありますが、学校選びはよく考えましょう。学校の選び方のポイントは、まず通学の利便性です。出来ることなら自宅から通学圏内が理想です。看護学校は授業数も多く、実技もかなりあります。また、帰宅後も予習復習が欠かせませんので、できるだけ通学時間の短い看護学校が良いでしょう。次に学ぶ方法をよく検討しましょう。看護師になるためのカリキュラムのある学校は専門学校、短期大学、4年制大学と豊富です。このためどのスタイルの学校で学びたいかをよく考えましょう。短期間で効率よく資格を取得したいのであれば、専門学校や短期大学がオススメです。基礎からじっくり時間をかけて学び、看護師だけでなく助産師や保健師の資格も同時に取得できます。そのため、助産師や保健師などの資格取得を目指すなら、4年制大学が良いでしょう。しかし、通う際には、学費についてもよく検討することが大切です。やはり通学期間が3年間の短期大学や専門学校の方が学費は安いです。また、看護師になるための勉強は大変なのでバイトも厳しいため、奨学金制度を利用するのも良いでしょう。中には付属の病院に就職すれば返済しなくてもよいところもあるので検討して下さい。

資格を仕事につなげよう。

勉強

医療専門学校は、就職して即戦力になる医療のプロを養成する学校であり、将来医療の分野で仕事をしたい学生さんは、資格を取り、夢を実現する近道になると思います。安くはない授業料ですが、学校では、様々な学費支援制度を整えています。サポートの充実した専門学校で学び、夢をかなえませんか。

もっと読む

医療に携わる

メンズ

医療に関わる仕事には様々な種類がありますが、その一つに医師の事務作業を補助する医師事務作業補助という仕事があります。この仕事は電子カルテの入力代行や医療文書の作成代行等の仕事があり、その内容は多岐に渡ります。

もっと読む

自分に合った勉強法で学ぼう

勉強

心理カウンセラーの資格には様々な種類があるため、自分の働きたい方向と合ったものを選ぶことが大切です。また学校には通学タイプと通信タイプがあるので、続けやすそうなスタイルにするといいでしょう。

もっと読む