Medical-Nursing

看護の学校ではとある制度が受けられる|お金が無くても一安心

医療に携わる

多様な業務内容

メンズ

医療に関わる仕事はたくさんあり、一番代表的な職業が医師や看護師になります。医師や看護師は患者の診察や治療が主な仕事となっており、患者と直接関わる機会の多い仕事です。それ以外にも放射線技師等のように、検査等の場面で直接患者と接するという仕事も複数存在しています。しかし、医療の仕事は患者に直接関わる仕事だけでなく、他にも多くの仕事があります。その中でも代表的な仕事の一つが医師事務作業補助と呼ばれる仕事になります。医師事務作業補助とはその名前からも分かるように、医師が行う事務作業の補助を行うのが主な仕事となっています。この仕事の呼び名は病院等によって異なり、メディカルアシスタントや医療クラーク等と呼ばれる事も少なくないです。医師事務作業補助の具体的な仕事内容に関しては、最も基本的なものとして診断書等の医療文書の作成代行が挙げられます。それ以外にも電子カルテの入力代行やカンファレンスの準備等、医師事務作業補助の仕事内容は多岐に渡っています。ちなみに、医師事務作業補助の仕事に就くためには、特定の資格を取得する必要等はありません。民間での資格というものも存在していますが、その資格を必ず取得しないとこの仕事に就けないというわけではないのです。確かにある程度の知識や技術があるに越した事はないですが、それよりもコミュニケーション能力等が求められる事が少なくありません。

難易度を把握する

勉強する人

医師事務作業補助とは、2008年に新設された仕事内容です。現代の医療にまつわる問題の中で、特に緊急性が高いのが医師不足による医師の過剰労働です。医師の労働環境が悪化しているということは、医療の質の低下を招きます。その対策として、医師の事務作業を補助する仕事として導入されたのが医師事務作業補助です。医師事務作業補助者は、診断書などの作成補助、カルテへの代行入力などを主に行います。医師事務作業補助という公的資格があるわけではありませんが、民間資格はいくつか存在します。名前が違っていることも多く、医療秘書、メディカルアシスタント、医療クラークといった名前で呼ばれていることもあります。医師事務作業補助の加算を受けるには、研修を32時間受ける必要があります。すでに病院で働いていたスタッフが行う場合はこの研修を受けることで医師事務作業補助者となれましたが、新たに医師事務作業補助として就職しようとするときには、何らかの民間資格を持っている方が有利になります。民間資格にも様々なものがあり、受験資格が必要なものもあれば、受験するのに資格は必要ないものもあります。資格により難易度は異なり、20パーセント前後の合格率であるものあれば、70パーセントも合格率がある資格もあります。通信講座を受けると、合格保証がついているものもあるため、比較的取得の難易度は低いといってよいでしょう。通信講座の費用相場としては5万円ほどから15万円ほどと差があります。

大病院への就職にも有利

PCを操作する人

医療機関では患者数の増加に対して医師の数が不足しており、高度な医療を行う大病院の外来で長い待ち時間を強いられる例も少なくありません。医師は診察・検査や治療など通常の医療業務以外にも、カルテや処方箋・診断書といったさまざまな書類作成業務を強いられているのです。そうした医師の事務負担を軽減させるために、規模の大きな病院では専任の医師事務作業補助を採用する事例が増えてきました。一般に医療事務と言えばレセプトとも呼ばれる診療報酬明細書を作成するのが主要な業務で、受付や会計などの窓口業務も担当しています。医師事務作業補助の仕事はそれらの医療事務とは異なり、あくまでも医師の事務作業を代行する存在です。医師事務作業補助にはカルテや診断書の作成をはじめ、行政機関に提出する報告書の作成業務や文書管理業務・秘書業務に至るまでの多彩な業務内容が含まれます。そのため医師事務作業補助者としての就職を目指す人には相応の事務能力に加えて、医療事務作業に関する専門知識が求められるのです。実際に医療機関で医師事務作業補助者としての実務に就くには、6ヶ月の期間内に32時間以上の研修を受けなければなりません。初心者がその研修を受ける際には、医療事務作業に関する基礎知識を学んでおいた方が専門知識も吸収しやすくなるものです。医師事務作業補助の養成講座を受講することによってそうした基礎知識が身につき、医療の現場で求められる事務スキルを獲得することができます。通信講座などで学んだ知識を生かして医師事務作業補助の民間試験に合格すれば、大病院への就職活動を行う際にも有利な材料が得られるのです。超高齢化社会の中で今後も医療機関を受診する患者数は増えると予測されており、医師事務作業補助の役割もますます重要となってきます。医療機関で働いたことのない人でも養成講座で学習すれば、医師事務作業補助者として採用される道が開けるものです。

資格を仕事につなげよう。

勉強

医療専門学校は、就職して即戦力になる医療のプロを養成する学校であり、将来医療の分野で仕事をしたい学生さんは、資格を取り、夢を実現する近道になると思います。安くはない授業料ですが、学校では、様々な学費支援制度を整えています。サポートの充実した専門学校で学び、夢をかなえませんか。

もっと読む

医療に携わる

メンズ

医療に関わる仕事には様々な種類がありますが、その一つに医師の事務作業を補助する医師事務作業補助という仕事があります。この仕事は電子カルテの入力代行や医療文書の作成代行等の仕事があり、その内容は多岐に渡ります。

もっと読む

自分に合った勉強法で学ぼう

勉強

心理カウンセラーの資格には様々な種類があるため、自分の働きたい方向と合ったものを選ぶことが大切です。また学校には通学タイプと通信タイプがあるので、続けやすそうなスタイルにするといいでしょう。

もっと読む